プロフィール

ワライ87

  • Author:ワライ87
  • レゴと学研と教育テレビで育った、体はオトナ、頭脳はコドモ。
    言葉遊び、連想、妄想、落書き、工作、人いじり、いじられ、大好きです。
    屋号は「コドモダマシイ」

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

活魚刮目

昨晩友人Aと行った居酒屋は新鮮な魚介類を売りにした店でありました。
正月の催しのようで、店内には「活魚半額」の文字が躍っていたのであります。
「なあ、ヒラメの刺身(1,980円)も半額らしいぜ」
「なんと。そいつぁ、安いじゃあないか」
「よし、そいつを一つ頼んでみるとしようか」
「さうだな。そいつぁ名案だ」
てな具合で頼んだヒラメでありましたが、このとき我々はある事実に気付いていなかったのであります。

さてさて、話も盛り上がってきた頃、ヒラメの刺身がやってきました。

「ベチッ」

ヒラメの尾が鍋用の卓上コンロを叩きました。
ボケる前からつっこむ奴があるかなどと、ヒラメにツッコミを入れる余裕などあるはずもなく、二人は一瞬固まりました。

【活魚】生きたままの状態で小売店や旅館・料理屋などの生簀で飼われ、消費者に供される魚介類をいう。関東では文字通り活きたままの魚を指すが、関西では市場に出す直前に活きている魚ののどを切って生け〆にしたものを指す。   『民明書房マイペディア』

我々は関西版活魚を想定していました。

ぜい肉どころか、必要なお肉も削り取られたヒラメさん。
貴方は、悔しいほどに旨い。
だから、あまりこっちを見つめないでください。
そして、お願いですから口をぱくぱくさせないでください。
吹き替えごっこをしたくなります。

貴方の生命力、美味しくいただきました。
貴方の一挙一動、胸がちくちく痛みました。
退職後、縁側でお茶をすすることも、もうできないのですね。

ヒラメさん、貴方のことは忘れません・・・。
本当にご馳走様でした。
(不謹慎な表現がありますが、本当は結構凹みました。不器用な現実逃避です。人間も、他者の命をいただいて生きているのだということを、生々しく感じた夜でした。)
スポンサーサイト

コメント

わぁ

尋常ではない文面から、伝わってきます…

それはもう

ええ。
でもとても美味しかった。
縁側もこりこりしてた。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sai31.blog6.fc2.com/tb.php/71-705a6a59

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。