プロフィール

ワライ87

  • Author:ワライ87
  • レゴと学研と教育テレビで育った、体はオトナ、頭脳はコドモ。
    言葉遊び、連想、妄想、落書き、工作、人いじり、いじられ、大好きです。
    屋号は「コドモダマシイ」

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100の指令

100の指令 100の指令
日比野 克彦 (2003/08)
朝日出版社

この商品の詳細を見る
先日買った「100の指令」(日比野克彦)を紹介する。

表紙には「口の中をベロで触って、どんな形があるか探ってみよう。」
とだけ書いてある。

この本を手に持ちながら、口の中を探ってみた。
頬の裏側には、ぽこつるっとした部分があった。
「つるぽこ」でもいいけど、「ぽこつる」よりアホっぽいから、やっぱり「ぽこつる」だ。
「ぽこつる」と打とうとして「ぽこるつ」と打ってしまった。
ロシア人みたいだ。

なんの話かわからなくなったけど、とにかくこの本には100個の指令が書かれている。
それは、自分自身の感覚を再確認させられるものだったり、日常生活をを新鮮な目で見直せるものだったり様々だ。
100の指令自体素敵だが、裏表紙の言葉がとても印象的だ。
以下に引用する。

*****

絵を描く(えがく)ということは、
紙に絵の具で、絵を描くことだけじゃない。
刺激を受けて、イメージを持つことが、絵を描くこと。
イメージを持って、行動することも、絵を描くこと。
行動しながら、ワクワクすることも、絵を描くこと。
時間が経って、あの時のことを思い出すことも、絵を描くこと。

だから、
いつだって、誰だって、どこだって、
絵は描けるんだ。

*****

効率よく、無駄なく。そういう価値を追求してせわしなく過ごす毎日の、どこかほころんだ傷口に染みる赤チンのような一冊だった。
スポンサーサイト

本本本

久々の休日に何をしたらいいのか、真剣に悩んでしまった。

あてもなく車を走らせると、いつの間にか通勤路を通っていることに気付いた。がーん。

結局ぶらりとイオンにと向かった。
店内をぶらぶら見た後、久々にヴィレッジヴァンガードに入った。
本当は、Talbyのストラップにできるようなものを物色してたんだけど、そそられる本を連鎖的に発見してしまい1万円の買い物をした。

日比野克彦「100の指令」
三浦俊彦「論理サバイバル 議論力を鍛える108問」
    「心理パラドクス 錯覚から論理を学ぶ101問」
メガミックス編「ヒットヒット広告コピー傑作選 本読む馬鹿が、私は好きよ」
       「ヒットヒット広告コピー傑作選 ちっちゃな本がでかいこと言うじゃないか。」

読書の秋を満喫するのも贅沢な休日の過ごし方だなあ♪

inココラボ

ココラボラトリーのイベントに参加してきた。
私の他にもビーズのCottan Pettan、ワイヤークラフトのChulliniさん、素敵な絵描キストの須田さんが参加。作品のみの出展者もいた。

今回は作品のストックがまったくなかったので、苦し紛れにずっと前に作ったカレーバッグと自分用のTシャツを展示した。
その場で描こうと思いシャツやバッグを持ってきたんだけど、筆が進まない。
楽しそうに作品をつくっていく須田さんを横目に、シャツに赤い円を描いた。困ったときは円を描く。いつもなら円が拡がるにつれイメージが湧いてくるのだけれど、今日は違った。
小筆が同じ軌道を描き続けるが、何も生まれてこなかった。
自分が場違いな気さえしてきて、ちょっと落ち込んだ。
ふと「魔女の宅急便」を思い出した。


しばらく他の出展者の方々や、後藤さん、笹尾さんと話をしているうちに、少し気持ちが和んできた。
ふと、真っ赤な円に黄色を重ねてみようという気になった。
少しずつ小筆で黄色を落としていくと、なんだか温かい色になってきた。にんじんの輪切りのようだ。
今まで単色ばかりで描いてきたので、妙に新鮮だった。
ココラボの空間で描いたからこそ出てきた色合いなのかなと思った。

牛込くんがやってきた。彼の日記にも書いてあったけれど、彼もいつもとは様子が違っていた。普段なら、現れるとすぐにみんなのところに顔を見せてくれるのだけど、今日は、ふとテーブル席に目をやると、すでにココラボの中にいたという感じ。

しばらくして牛込くんが、Tシャツ姿で目の前に現れた。以前交換した「画魚点睛」Tシャツを着てくれていて嬉しくなった。
(写真を撮らせてもらったのだけれど、職場にデジカメを置いてきてしまったので後日アップしたい。)
目のない魚を描いたTシャツなのだけど、牛込くんが他の人たちに「自分で目を入れて(達磨のように)っていうのがいい」と話しているのを聞いてはっとさせられた。

しばらくTシャツ描きから遠ざかっているうちに、自分の目指すところを忘れてしまっていたらしい。

「ひとひねり半」

「【もの】【こと】づくり」

「自分で目を入れるシャツ」は、まさに「もの」づくり、かつ「こと」づくりだった。
牛込くんにはいつも助けられる。
初心に戻り、楽しみながらTシャツをつくっていきたいです。

そうそう、今日は、好みの色のガラスの付いた素敵なヘンプペンダントを買いました。

ポッキーの日

今日は11月11日。
ぞろ目って何だか楽しいなあ。

昨日仕事帰りに買っておいたポッキーを職場でお裾分けした。

久々に自分でポッキーを買ったんだけど、たくさん種類があってびっくり。
なんだか高級感漂うポッキーが多かった。
でも、なんだかんだ言ってオーソドックスなポッキーが飽きがこないんだろうなあ。
などと考えつつも、ポッキーデコレとポッキー黒胡麻&きなこを購入。

オチなし。

久々の手描きスニーカー

自分用にスニーカーに絵を描いた。
本当は無印良品とかで安く買いたかったんだけど、無地スリッポンがなかったので、靴屋で見つけた白無地のSHAUN PALMERを買った。

和風の魚を描きたいと思ったので、以前うっしーさんと交換した「画魚点睛Tシャツ」のイメージで描き始めた。

でも目が欲しくなり、描き入れてみたら、そこだけ浮いたような面白い感じになったので、右足にも目(三重円)を配してみた。

韻を踏む感覚って心地よいなあ。

marumaru1


↓上の写真で見づらい右足

marumaru2


制作:2005年10月

牛乳ラーメン

我が家は今、ちょっとした牛乳インフレ状態。
賞味期限間近の牛乳(1リットル)が4本。

拙者、家庭の危機を救うために人肌脱ぎます。

「牛乳でシーフードヌードル作ったらきっと美味い」という信念のもと、さっそく牛乳を鍋にかけました。

風邪気味で鼻が詰まっております。
脳に酸素が回りません。
ぼーっとテレビを眺めるうちに、いつしか牛乳のことを忘れていました。

結果↓

ramen2


鼻詰まりのため煙の臭いにも気が付かず、ふと思いだし、慌てて台所へ足を踏み込んだときには白い煙が充満していました。

でも、白い牛乳が真っ黒な炭になったことにちょっと感動。

気を取り直しリトライ。

ramen1


注ぐ。

ramen3





待つこと3分。




白っ!

ramen4


とってもクリーミーな感じ(見た目)。

食指がうなりをあげるぜ。

いざ試食・・・。

美味い!


シーフードヌードル+牛乳=ほんのり甘く濃ゆいラーメン

5回に1回くらいは食べてもいい感じ。

日曜日よりの使者

今日は千秋美術館に東京国立近代美術館工芸館名品展
「近代工芸の精華」を観に行ってきました。
「人の手」って無限の可能性を秘めているんだと実感。
ものづくりに注ぐエネルギーの量も質も、自分とは桁違いでした。
妥協せず、溢れてもなお注ぎ続けた「心」が結晶化するんだろうねえ。
きっと。

「結晶」と言えば「血小板」。久々に献血してきました。
私の血小板は平均値の2倍の量らしいです(笑)

散髪もして有意義な日曜日でしたが、ひとつ失敗だったのが服屋のポイントカードを無駄にしてしまったこと。
そろそろ更新しなきゃと思い、カードで有効期限を確認したら

2005年11月5日

ショック・・・!!
約2500円分のポイントが0になってしまった。
「損はしていない、得しなかっただけだ」と自分に言い聞かせますが、ちょっと凹みました。
みなさんもご注意を。

レンタルDVDを半額セールで大量に借りて、毎回、返却日に寝過ごし、無駄に延滞料金を払っているワライ87でした。

再会

今日はアフリカから帰ってきたしゅうHeyくんを囲むパーティーにお邪魔してきました。
和やかな雰囲気の中、気持ちのいいひとときを過ごすことができました。肝心のしゅうHeyくんの話を聞く前に帰ってきてしまったのが心残りだけど、大勢飲みのときにたっぷり聞かせてもらおう。
元気そうで何よりでした。しゅうHeyスマイルも健在でした。

それと、牛込氏から素敵なスケッチブックを見せてもらい、とってもよい刺激を受けました。いつもありがとう!

きりたんぽ

スーパーのお総菜コーナーでこんなものを見かけました。
kiritanpo1

秋田名物きりたんぽに甘みそを塗って焼き上げた「みそたんぽ」です。
イベントの出店でよく見かけますが、スーパーでも売ってるんだね。



ん?

kiritanpo2


きりたんぽグラタン!?

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。